東京で宝石買取や鑑定を頼むには。

箪笥の中に眠っていた宝石や貴金属などの処理に困り、宝石鑑定をしてもらいたい方が増えてきています。

亡くなった祖父や祖母が身に着けていたという理由で今まで放置されてきた可能性が高いですが、どれだけ値打ちのある品物であっても、眠らせているだけでは意味がありません。

そんな時に役立つのが宝石鑑定を行い、宝石買取というかたちをとってもらうことです。

価値のある宝石であればあるほど、知人や親せきの手に渡るのはもったいない話ですし、かといって捨ててしまうのはしのびありません。

そのため、東京や大阪、名古屋などの大都市では宝石鑑定を行ってくれる業者がいくつも軒を連ねていますので、まずは現物を持参して鑑定してもらうとよいでしょう。

宝石は本物か偽物かによって価値が天と地ほど差が出てしまう品物です。

中間の価格というものが存在しない場合が多いため、鑑定は専門の業者に注文した方が無難です。

東京や福岡などの都市には鑑定士も多くいますが、その分詐欺も横行しやすくなっていますので、宝石鑑定をお願いする鑑定士はくれぐれも注意して選ばなければいけません。

誰か知人に紹介してもらう方が良いですが、知り合いがいない場合はインターネットで口コミを検索しましょう。蔵から出てきた宝石の中に、価値のありそうな翡翠が含まれていた場合は、東京都内にある名の売れた鑑定士の元にもっていくとよいかもしれません。

翡翠の鑑定については賛否両論ありますが、見た目だけではプロでも見分けがつかないほどの類似品が出回っており、水晶を染めた見せかけだけの商品もありますので注意が必要となっています。

そのため、本物をあまり見たことがない鑑定士にお願いすると偽物と判断されてしまうことがよくありますので、東京都心部などの都会で鑑定してもらうと良いです。

その時に他の宝石買取もお願いできるか聞いてみることをおすすめします。

宝石買取を行ってくれる業者は数多くありますが、その業者の多くは足元を見て鑑定しますので、正しい鑑定をしてもらえる鑑定士か分かった時は、他の宝石も買取をお願いしたらよいでしょう。

質の良い翡翠などは数万円単位ではなく数十万円単位で取引されていますので、不要になった翡翠の指輪やネックレス、ブレスレットなどは大切に保管して鑑定士に判断を仰ぐことを推奨します。

特に翡翠の硬玉は軟玉よりも価値が高く、値段の差は雲泥の差とも呼ばれるほどの差が開いてしまいますので、まずはこれだけでも鑑定してもらうと良いです。

カテゴリー: 宝石 タグ: , ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*