東京で宝石買取や鑑定を頼むには。

箪笥の中に眠っていた宝石や貴金属などの処理に困り、宝石鑑定をしてもらいたい方が増えてきています。

亡くなった祖父や祖母が身に着けていたという理由で今まで放置されてきた可能性が高いですが、どれだけ値打ちのある品物であっても、眠らせているだけでは意味がありません。

そんな時に役立つのが宝石鑑定を行い、宝石買取というかたちをとってもらうことです。

価値のある宝石であればあるほど、知人や親せきの手に渡るのはもったいない話ですし、かといって捨ててしまうのはしのびありません。

そのため、東京や大阪、名古屋などの大都市では宝石鑑定を行ってくれる業者がいくつも軒を連ねていますので、まずは現物を持参して鑑定してもらうとよいでしょう。

宝石は本物か偽物かによって価値が天と地ほど差が出てしまう品物です。

中間の価格というものが存在しない場合が多いため、鑑定は専門の業者に注文した方が無難です。

東京や福岡などの都市には鑑定士も多くいますが、その分詐欺も横行しやすくなっていますので、宝石鑑定をお願いする鑑定士はくれぐれも注意して選ばなければいけません。

誰か知人に紹介してもらう方が良いですが、知り合いがいない場合はインターネットで口コミを検索しましょう。蔵から出てきた宝石の中に、価値のありそうな翡翠が含まれていた場合は、東京都内にある名の売れた鑑定士の元にもっていくとよいかもしれません。

翡翠の鑑定については賛否両論ありますが、見た目だけではプロでも見分けがつかないほどの類似品が出回っており、水晶を染めた見せかけだけの商品もありますので注意が必要となっています。

そのため、本物をあまり見たことがない鑑定士にお願いすると偽物と判断されてしまうことがよくありますので、東京都心部などの都会で鑑定してもらうと良いです。

その時に他の宝石買取もお願いできるか聞いてみることをおすすめします。

宝石買取を行ってくれる業者は数多くありますが、その業者の多くは足元を見て鑑定しますので、正しい鑑定をしてもらえる鑑定士か分かった時は、他の宝石も買取をお願いしたらよいでしょう。

質の良い翡翠などは数万円単位ではなく数十万円単位で取引されていますので、不要になった翡翠の指輪やネックレス、ブレスレットなどは大切に保管して鑑定士に判断を仰ぐことを推奨します。

特に翡翠の硬玉は軟玉よりも価値が高く、値段の差は雲泥の差とも呼ばれるほどの差が開いてしまいますので、まずはこれだけでも鑑定してもらうと良いです。

カテゴリー: 宝石 タグ: , ,

質屋さんでの宝石買取りについて

アメジストは紫色の水晶であることからも、別名「紫水晶」とも言われている宝石の原石になります。
原石はブラジルが世界最大の産地と言われており、国内でも宮城県や島根県などでも産出されており、国内を初め、スリランカやマダガスカル、中央アフリカなどの国々で産出されるものは品質が高いと言われています。
アメジストは2月の誕生石でもあり、誠実、愛情、心の平和、高貴、覚醒と言った石言葉が在りますが、誕生石と言うのは2月に生まれた人にとって持っていたい宝石の一つでもあり、2月生まれの人からの人気は高くなります。
但し、宝石は誕生石以外にも輝きなどに魅了されるものであり、アメジストは宝石の中でも人気を持つのが特徴です。
尚、宝石買取りを行っているお店の一つに質屋さんが在ります。
質屋さんは色々な商品を査定して、お金を貸すと言ったビジネスを行うお店ですが、最近は色々な商品を買取りすると言った質屋さんも増えており、単に金貸しと言う商売ではなく、買取りした商品をお店で販売を行う、販路を利用して流通させると言ったビジネスを手掛けているお店が増えており、幅広い商品知識を持つ鑑定士もしくは目利きにより買取り価格を定時して貰うことが出来ます。従来質屋さんは、品物を預ける事で品物の価値に応じた金額のお金を貸すと言う金貸しとして存在してたもので、路地裏などに質屋さんの店舗が在り、お店に入る人は誰もがお金に困って品物を預けるのだ、と言った具合に言われていましたが、最近は大通りなどに面した場所にお店が在る事、そして金貸しと言ったビジネスも継続して行われているものの、ブランド品買取りや宝石買取りなどのビジネスも行っており、従来のイメージとは異なるものとなっています。
また、買取した商品は店舗内で展示を行って販売を行っていたり、販路を利用して流通させると言った幅広いビジネス展開を行っています。
幅広い商品知識を持つ人が買取り価格の査定を行ってくれるので、価値に応じた金額で買取りをして貰う事が出来る事からも、ブランド品を売る時、宝石を買取りして貰う時など、質屋さんを利用される人が多くなっています。
尚、アメジストの買取価格についてはこちらを参考にされるのがお勧めです。
また、買取り価格は質屋さんにより異なるため、相場を把握しておくことも大切ですし、高く買取りしてくれるお店は宝石買取りにおいて得意としているお店でもあり、宝石に詳しい鑑定士がお店にいるため高額査定を受ける事も出来ます。

カテゴリー: 宝石 タグ: , ,

口コミでお勧めの宝石買取

宝石買取を利用するときには、口コミで評価の高いところを選ぶのがお勧めです。そもそも、貴金属やダイヤモンドは世界相場が決まっているので価格もつけやすいですが、それ以外の宝石類は種類も多く価値も様々ですので、それを正確に鑑定できるだけの眼と知識を持っているスタッフがいる買取店自体がかなり少なくなっています。
こういったときに買取店を探す方法として、口コミサイトやランキングサイトなどが活躍します。実際に買取りを依頼した人にとっては、購入した時の金額や宝石の種類がわかっている上で値がついているのを体験していますので、利用者から評価が高いということは自分が持っている宝石類の買取もかなり期待できるということになります。近くに店舗がないところでも、最近では宅配便を利用した無料査定や出張見積もりなどを行っているところが多くなっていますので、問い合わせてみるとよいでしょう。もちろん、買取金額に納得できなかった場合には買取を拒否することもでき、その場合であっても出張旅費や査定の手数料などは一切かかりません。申し込みもメールフォームや電話などで簡単に手続きができますので、初めて見積もりを申し込む人でも安心です。口コミで人気の高い宝石買取業者を特集しているサイトはいくつかありますが、宝石買取ナビ.netは単なる業者の紹介にとどまらず、宝石に関する興味深い知識を紹介してくれたり、おすすめの業者の特徴を個別に紹介していますので、参考になります。このサイトは実際に宝石の買取をしている業者が作成していますので信憑性があります。口コミは紹介されていないものの、実際に利用した人からの評価が高いサイトを厳選していますので、どこに申し込めばよいのかで迷ったらこちらをチェックしてみるとよいでしょう。
また、こちらのサイトでは、宝石をより高く買ってもらうためのコツや、宝石に関する豆知識などもあわせて掲載しています。例えば、宝石には一つ一つの宝石言葉というものがありますが、恋人や家族にプレゼントするときに、贈った宝石にどういった意味合いが込められているのかということも伝えると、受け取った相手にも喜ばれます。他にも、人気のある色石のランキングやそれぞれの宝石の特徴なども掲載されており、買取価格の決め方などについても言及していますので、宝石に興味のある方には楽しく読むことができます。詳しい内容についてはここからご確認ください!

カテゴリー: 宝石 タグ: , ,

色石を宝石買取に出すには

色石というのは、ダイヤモンド以外の宝石を指しています。ダイヤモンドの場合、グレードによって世界的な相場が決まっていますので、宝石買取をするときにも基準が決めやすく、買い取り対象としている業者がたくさんあります。しかし、色石は宝石の種類も豊富ですし、価値もかなり差がみられますので、宝石に関する知識が乏しい業者では対応しきれず、買取を断られることがあります。
そこで、色石を買い取ってほしいと思ったら、きちんとダイヤモンド以外の宝石にも対応している業者を探す必要がありますが、所有している宝石の価値を理解しているところでなければ予想よりもはるかに安い価格を付けられる恐れがあります。また、色石を取り扱っている買取業者は貴金属の取扱業者に比べるとかなり数が少なくなっており、近くでは対応してもらえるところがない場合もあります。そのときには、宅配便を利用した査定や出張見積もりを無料で行っているところもありますので、そちらを利用するとよいでしょう。いずれにしても、宅配査定などは自分の手元から放すことになりますので、誠実な対応をしており、適正な価格を付けてくれる業者を利用者のレビューなどから探して申し込みましょう。宝石というと、古くから世界五大宝石として信頼性と価値を確立させているのがダイヤモンド、ルビー、サファイア、エメラルド、アレキサンドライトです。これ以外は半貴石として取り扱われてきましたが、パライバトルマリンなどのように、半貴石でも宝石より高額な宝石買取になる可能性のある色石もありますので、まずは自分が持っている色石が何というものなのかを知っておく必要があります。
自分で購入した場合には、色石の種類を理解して買っているためわかっていることが多いですし、鑑別所がついているものであれば判断もできます。しかし、人から譲り受けたものやオークション等で購入したものは、よくわからない場合があります。こちらの質問を見てもわかるように、一部のアクセサリーには、地金部分にセッティングした色石について刻印が施されていることがありますが、それも義務付けられているわけではありませんので、ミスや台座の使いまわしなどにより、全く異なる色石がはめ込まれている場合があります。自分で判断できないときには、宝石店や買取業者のところにそのアクセサリーを持ち込んで、何という意思なのかを尋ねてみるのが最も確実な確認方法といえます。

カテゴリー: 宝石 タグ: , ,

誕生石など宝石買取について

誕生石としてもらった宝石も宝石買取をしてもらう場合には市場価値にあった値段になります。宝石には硬度や希少価値によって貴石・半貴石というグループわけがされています。残念ながら誕生石が半貴石の場合は希少価値が低く硬度も少ない分類になってしまうため買取価格が貴石よりも少ない値段になってしまいます。パワーストーンとして手軽に手に入れられるような石はあまり値段がつかないと覚えておきましょう。

逆に買取価格が高い宝石には貴石があります。硬度が高いため宝石としての価値はもちろん貴石の代表格のダイアモンドは産業や工業用としても価値があるためより高く買い取ってもらえる傾向があります。厳密に言えば貴石・半貴石の明確な区分けは宝石関係者の中でも線引きはありません。

大きさが珍しいなど希少価値が高い場合には半貴石の場合でも高い買取価格だつく場合があります。また流行によって左右される部分もあり、宝石のカットの仕方によっても買取値段がかわってきますので半貴石だからと諦めずにまずは専門家に相談してみてはいかがでしょうか。箪笥の引き出しにしまっておくのも良いですが買取に出したお金で新しいことをするなど有効に使ってみるのもおすすめです。宝石買取の値段には宝石の価値の順番によって大きく変わります。誕生石の場合でもそれは変わりません。価値の高い宝石は一般的に四大宝石や五大宝石と呼ばれています。4月の誕生石のダイアモンド・5月の誕生石のエメラルド7月の誕生石のルビー・9月の誕生石のサファイアが四大宝石と呼ばれており、それにパール・オパール・アレキサンドライト・ヒスイなどを一つ加えたものが五大宝石と言われています。

この五大宝石に含まれる石はいずれも普遍的な人気を持つものが多く、貴石として扱われるものがほとんどなので買取価格もそれなりにつきます。どの宝石をどの誕生月にするかも国によって異なるように最後に加える一種類は国や民族によって好みや価値観が違う為場所によって異なるようですが、いずれも高い価値のあるものが選ばれているというのは間違いないでしょう。

最近では宝石買取を目的に日本へやってくる外国人バイヤーも増えているため、海外で人気の宝石に値段が付くこともあります。バブル時代には日本人が海外からダイヤモンドを多く購入していたためそれを目的にやってくることも多いようです。詳しい宝石の価値や順番についてはこちらを参考にしてみて下さい。

カテゴリー: 宝石 タグ: , ,